子供服を扱うことになったのは、思ってもないことでした

はじまり
ある時、1人の紳士が小さなお姫様のためにマントを探していました。
しかし、日本ではなかなかこれといったものが見つからず、ある時、彼は前から知っていたイタリア雑貨店に尋ねてみることにしました。
その店では、店主が自らイタリアで見つけてきたものたちを置いていたので、きっと何かいい情報を持っているだろうと思ったのです。

話を聞いた店主は、今まで考えたこともなかったイタリアの子供服を探すというクエストに興味を持ちました。
なので彼はこのクエストをその店主に託すことにしました。
長い調査ののち、店主はあるイタリアの子供服のお店にたどり着きました。
ジュリアマンテリーネというそのお店の洋服たちは彼女の目を離さず、いつか日本でもこの小さなお姫様たちのドレスを紹介したいと思わせるようになりました。


最終的にそのクエストはどうなったかって?

ついに小さな赤いマントはお姫様に届けられ、そのお姫様は毎日マントを着て喜びました。
依頼主の紳士、つまりそのお姫様ののおじいちゃんもこれに喜び、雑貨店主と洋服屋さんもとても喜びました。

小さなマントが、大きな喜びをみんなにプレゼントしたのでした。


C’era una volta un signore cercava la mantellina per la sua piccola principessa, ma non ha potuto trovarla in Giappone. 
Lui conosceva un piccolo negozio in qui occupava sopratutto prodotti italiani che la negoziante trovato direttamente in Italia.
Allora, lui l’ha affidata questo QUEST.
Dopo lunga ricerca, la negoziante ha arrivato un brand sartoriale, si chiamava “Giulia Mantelline”. 
Appena l’ha trovato, i vestiti per bambine hanno afferrato gli suoi occhi, e poi ha voluto presentare questi dress per le principesse anche in Giappone.

Come finita quel QUEST di signore?

Una piccola mantellina rossa è finalmente arrivata a quella principessa, e poi l’indossava tutti giorni felicemente. Quel signore, il nonno di lei era molto contento, anche la negoziante e la incaricata di Giullia sono tutte felici così.

Una piccola mantellina ha dato la gran felicità a tutti.


2022/10/20 maiuco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です